尼崎へ!
ランパスを使おうと、
塚口へ行く途中で、
ラーメンの幟を見つけ、
これは行くっきゃない!
と、



志那そば   かりん




IMG_6642 - コピー


いつもほとんど通らない道なので、
ついてるなぁ!
ここって、12月1日にオープンしたばかりみたいで、
無化調のスープのラーメン屋さんだとか!


でもよく見ると、
期間限定OPENとなっているんです。
元は和酒おのろじという居酒屋さんかな?
そのお店がお昼の時間にラーメンを食べさせてくれるみたいですね!


IMG_6647 - コピー


中へ入り、
写真の許可をとります。
OKが出たので、
写真を撮っていると、
メニューの裏面に、
写真は食べ物だけと書いてあり、
お店の方に言うと、
「かまいませんよ!」
とのこと。
お店の方に許可をとればいいのかもしれませんね?


IMG_6648 - コピー


で、注文です。



・ 塩そば   ¥750



「どちらがお勧めですか?」
「少しですが塩の方がよくでているかと」
との答えからをお願いしました。


IMG_6655 - コピー


待っている間に、
メニュー裏のお願いなどを見て、
時間をつぶします。



きました。




IMG_6656 - コピー


塩そばです。


IMG_6661 - コピー


大きな海苔が覆いかぶさっているので、
少し内容が見えにくいのですけど、
昆布〆鶏、つくね、メンマ、味玉、ネギと書いてありましたが、
ミツバも入ってます。


IMG_6654 - コピー


まず麺ですけど、
待つ間に前に貼ってある、
額の紙に池村製麺所の
「至誠之麺」
があったので、
もちろんこちらのものを使ってるのだろうなぁ?
って思いながらいただきます。


IMG_6665 - コピー


コシは細くてもやや強めの
ツルッとした加水率の高い細いストレート。
栄養価の高い小麦を使ったオリジナル麺だと。


水にもこだわった無化調のスープは、
動物の脂を極力控えたもの。
天日塩に雑味の無い白ワインや日本酒などをブレンドした、
塩ダレで割り、
半透明な塩ラーメンのスープとなります。


IMG_6671 - コピー


昆布で〆た鶏肉なんですが、
朝挽きの鶏胸肉を昆布締めして、
じっくりと低温調理したもので、
とてもしっとりしていて、
なめらかな食感です。


IMG_6669 - コピー


味玉も黄身はほぼ液体。
傾けると流れそうな固さですね!


国産のネギは白と青の、
ささがきのような切り方で、
塩ラーメンの彩りに協力しております。


IMG_6670 - コピー


メンマは太めで、
存在感のある、
塩漬けのもの。
4日間かけて塩抜きし、
ひと晩ダシに漬けるそうです。


IMG_6672 - コピー


鶏のつくねも、
かたさ的にはモーニングサーブくらいの堅さで、
しっとりしていて密度が高く、
張りがあるものを軽く炙っております。
手がかかってそう。


IMG_6674 - コピー


これをいただいている途中で、
醤油そばも追加してもらいます。


IMG_6675 - コピー


食べ終わって、
少し経つと、
醤油そばの登場です。


IMG_6680 - コピー


麺は同じものだと思います。


IMG_6685 - コピー


違いは醤油ダレと塩ダレ。
熟成醤油や黒みりん赤ワインなどをブレンドした
醤油ダレで角のとがった下を刺すような強さはありません。


IMG_6686 - コピー


そしてチャーシュー。
自家製のタレでじっくり長時間煮込んだチャーシューは、
持ち上げると千切れてしまうくらいの柔らかいものです。





食べている途中に伺ったのですが、
「どこかでラーメン店に勤めていたのですか?」
との問いに、
こちらのスタッフは全員、
ラーメン店での仕事をしたことがない、
ラーメンに関しては素人さんだとのこと。


信じられません!
店長さんがラーメンが好きで、
食べ歩きして作ったラーメンだと聞いてビックリ!


料理人とは、
常識を簡単に覆してしまうものなんだ!
なんて感心してしまいます。


専門的なことはあまりわかりませんけど、
素人めから見ても手間暇かけて作ったラーメンだということは、
わかりますね!


IMG_6693 - コピーIMG_6692 - コピー


さすがに2杯食べるとお腹はいっぱい!
ハルちゃんにお弁当を買ってお家に帰りました。




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。




支那そば  かりん


尼崎市東難波町5-8-12
06-6487-3030
11:30~14:00
休 日祝


https://www.facebook.com/ramenkarin


夜は「和酒おのろじ」として営業されているそうです。




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。